fc2ブログ

魔法少女おりこ☆マギカ ネタバレ有り感想


魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/12)
原案:Magica Quartet、漫画:ムラ黒江 他

商品詳細を見る



※この作品は原作「まどか☆マギカ」を見てから見てくださった方が内容を深く理解できると存じ上げます。


いつもと同じくネタバレ部分は反転させないと見れないようになっています。


この作品はまどか☆マギカでありえそうで無かった世界という物語となっております。

意外と綿密に設定がなされていてそれでいて原作を壊さずにつじつまが合って終わる。
スピンアウト作品はあまり触れる機会が少ないのですが面白いの一言でした。


結論を言うと、織莉子も世界の真実(まどかが魔女として覚醒した時が世界の終わり)を知ってしまった一人であるから
独自に行動したと言う事です。織莉子の能力は『予知』、キリカは『速度低下』でした。
織莉子はほむらと似ている部分がありました。
ほむらは魔法少女にさせないために、
織莉子はまどかを殺すために、
お互いに最終地点は違えども思っている事は同じというどっかで聞くお話です。

そしてイレギュラーその2である杏子が助けたゆまですが、マミさん狂乱回にあの子がいたら
どうにかワルプルギスの夜を誰も魔女化せずいけたのではないだろうか…?
と思ったあんぽんがいる。



どう1巻からまどか達を絡ませてくるかと思いましたがなんかご都合主義的なケリをつけましょう的な
ノリが来た時は普通に思いましたが最後の結末がちょっと衝撃でしたね。
しかし内容は最初に言った通り、面白かったのでまどか☆マギカ好きなら一度見てみる価値はあります。





短い話だけど内容が濃いな!!
スポンサーサイト



魔法少女まどか☆マギカ 限定版ドラマCD 感想

-ほむらとまどかの出会い-



魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る



結構ネタバレになりそうなので感想のみ書かせていただきます。


一言で言うと第0.1話。
まどか…、暴走させるって…。
マミさんやっぱ重いなぁ…。まあそれは本編でも同じことですが。
まどかは猫の為に魔法少女になったのかぁ…。
ワルプルギスの夜をお祭りって…。

お祭りってレベルじゃねーぞ!!(本編参照)

目覚めたこころは走り出した~♪
ってほむらがなって、終わり。※OPは流れません

ドラマCDってこんな感じになるのか?
だと、何週目って感じになるのだろうか…。
そして外伝の話の時間軸ってどうなるんだろう…?



契約獣は今回、自重しました。

魔法少女まどか☆マギカ 感想

-願うのは『希望』-



魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/03/12)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る



ネタバレ含むのでその部分は反転しないと見れないようになっています。



もう、「魔法少女ほむら☆マギカ」でいいよ。っていうくらいの主人公っぷり。
そしてほむらに対しての疑問が明らかに。
ぶっちゃけて言うとほむらはまどかの未来を救いたいっていう願いの元、魔法少女になったわけで、まどかが魔女になるか死ぬでバットエンド。そしてまどかと出会う前にループ。ギャルゲーだと無理難題だな…。

と言う事で10話は暁美ほむらの魔法少女としての誕生、そして現在という物語でした。
クオリティたけぇ…。

そして11話ではきゅうべえ先生による全魔法少女の希望と絶望をまどかに話すという外道っぷり。
(精神強くなきゃ発狂するぞ?あれ。)
さらにはまどかの強さの秘密がなんとループを繰り返しているほむらであったという。
ほむら…泣いていいんだよ?
最後にまどかはほむらと会う。
強気でいるほむらであったが彼女はやはりまどかを救うだけが希望。
そしてワルプルギスの夜対ほむら。そこに待っているのが希望でも絶望でも彼女は進まなければならない。
そういう因果を持つほむらを救うために、まどかは立ち上がった。


最終話
希望と絶望は比例している。
だから魔法少女は成り立っているんだ


この番組の魔法少女にはこれが付きまとっています。

しかしまどかはそれすらも凌駕する『願い』を叶えます。
11話で見てきた魔法少女達の思いを無駄にせず、絶望しないという願い。
そう、まどかは魔法少女のルールを書き換えた。































魔女を過去も未来も全部消し去りたい


それにより魔法少女となった自分の魔女でさえも消す事ができた。
しかしまどかはその影響により、人である事を捨てて行く事となった。
ああ、まどか様…。


そして最後に取り残されたほむらは改変された世界で生きる事となる。
すべては親友の残した、希望をなくさないために。

そしてその世界では魔女ではなく、人の心の闇である魔獣と戦う事になっている。
願いとゾンビになる事、そして魔力の問題ってどうなるんだろう?

感想。
王道的な内容なのだが、オリジナルストーリーで展開していたのでよめないのが良かったと思う。
しかも3話のあれから始まり、ここまでダークにするか!
と言わんばかりの物語だったと思います。
そしてやはりというか…まさかというかわからない最後。
ハッピーエンドともいえないしなぁ…。
この作品の1話1話見ていくごとに感じるハラハラ感は忘れられないぜ…。
最後に思ったのが、この物語は「魔法少女もの」の原点。のような気がするのは自分だけなのだろうか?
最終的にまどかは魔女の存在を消し、普通の魔法少女ものの内容にしたのだから。
とまあ、こんな感じです。
戦闘、音楽、シナリオ、どれをとっても普通のアニメを超えていました。多分朝アニメの比にならん。
もうちょいバイオレンスなのが無くてゴールデンアニメに出てたら爆発的人気だったろうなぁ…。
いや、それだとみんな見ないか…。
あまりはDVD買わない派ですが、これは買っておこうかと思ってます。
放送が遅くなっていても自分は気にしていません、だってこんなに良いアニメにめぐりあえたのですから。
スタッフのみなさん、本当にどうもお疲れ様でした!!





ところで、エントロピーって何?

もう、何があってもくじけない。


魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る


魔法少女まどか☆マギカ今夜放送ですよ!



ついに来ましたね…この時が。
「-お前ら録画の準備は十分か-」

自分はリアルタイムでみたいと思うのですがそんな事をしたら多分明日が…。
いや、それでも見るべきか?
そういえば公式HPも更新されていてなんともいえない感じになっていました。(最初の感じはどこへやら~。)

ウメスがキャラ原案というので見始め、みんなの衝撃「マミ事件」、
さやかの持ち上げからの急落下、意外と杏子がいい奴だった。
という大雑把過ぎる感想のもとでここまで来ました。
ネットでもハルヒを超える話題作という事で多分アニメ史に残るのではないかと思います。
そんな「まどか☆マギカ」ですがこちらは関東組なので10話を見ていません。
まあ、だいたい関西組のおかげでネタバレにあいましたけどね!(テヘッ☆)





と雑記はここまでにして、「魔法少女まどか☆マギカ」についてのオススメをしたいと思います。


「魔法少女まどか☆マギカ」

一言で言うと「大人向け魔法少女アニメ
これほどまでに魔法少女であることに対して真剣に取り組むアニメは数少ない。
奇跡や魔法の代償や人間の心の中の黒い部分、そして真実を知った時あなたは自分を考える事になると思います。
ある意味詐欺アニメ、いい意味でも悪い意味でも。
子供が見るのはかまわないが人間の心を描いているアニメなのであまりお勧めはしない。
対象年齢はだいたい12歳~。ゲームで言うとB指定。
だたの萌えアニメではありませんので注意←ここ重要
しかしアクションシーンは結構クオリティが高い。マミさんカッケー!
アニメが時間が無くて見れない人は漫画版をオススメします。ほとんど話は同じです。
ショッキング度はこちらの方が高めですが。




とこれでよろしいでしょうか?
これを見て、まどか☆マギカを見てみようかなと思ってくれれば幸いです。
そうそう、タイトルはOPの歌詞と今の日本を見て自分の決心です。







交わした約束、忘れないよ。
プロフィール

あんぽんTAN

Author:あんぽんTAN
ごちゃごちゃしてたからきれいにしてみたぜ!
不定期更新のアニメやらエロゲやらを記事に書くただのオタクさん。
よろしくお願いします!

こんなブログでも見てくださった方
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
201位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter始めました
エロゲバナー置場
18歳未満は見ちゃダメ♪
『ゆきこいめると』2015.3.27発売予定 NANACAN