FC2ブログ

ゆきいろ 総合感想

一言で言うととってもねこさんらしいやさしい物語だった。
ネタバレ上等な内容です。

ゆきいろ~空に六花の住む町~ゆきいろ~空に六花の住む町~
(2012/04/27)
Windows

商品詳細を見る


ゆきいろ 全く・・・。

もはやこの二人は芸人しか見えないのだが。
ただしちとせルートでは重要な上と下。ちなみち左が下で右が上である。
え?何がって?三姉妹の上と下って事デスヨ?

深雪(マル)ルート

ゆきいろ ぽんこつ

幼馴染以上バカップル以上恋人未満というよく分からない設定でスタートするマルルート。
属性は「ぽんこつ」でよく転ぶ。CVはあのあっくみおーん。
この作品の本筋を行くシナリオでもあり、みずいろシステムの最大の特徴である『もしも』を使ったものもあり。
というかみずいろシステムを惜しみなく使用。だから出来る事を綺麗に仕上がっております。
感動系のシナリオだが最後はさっぱりとした終わりという清々しい気持ちになれた。
彼女のルートのテーマは「もしも・・・。」

樹奈ルート

ゆきいろ 謎の寝言

愛衣さんも同じ寝言を言っていたような・・・。
全ヒロインのルートとしてはちょっと重いストーリー。「やかま」なのに。
シナリオは少なめだがライトな作りのゆきいろにとっては内容は別のエロゲに比べれば暗くないのに暗く見える。
まあ、やかま系ヒロインなのにあんまやかましくないのもちょっとなーと。
救済シナリオの「IF」も樹奈だけあり。
彼女のテーマは「約束の重さ」

翠子ルート

ゆきいろ 緑

THE・緑飯の異名を持つ先輩。というかこの人こそやかまっぽいのだが・・・。
一番古い知り合いで一番笑ったルート。さっすがウナトミーやる事が尋常じゃないそこにしびれる憧れるぅ!
一応「先輩」系ヒロインなのだが先輩という感じのしないのも一つの特徴。
恐ろしいメールや緑飯は腹抱えて笑ってしまったくらい。
しかしシナリオはライトで先輩のいろんな過去や思いが飛び出します。
まあ、一番連ドラっぽいシナリオ。遠距離恋愛とかドラマだろ!
だが、おっぱいとは男のロマンである。
彼女のテーマは「過去か、今か。」

あきらルート

ゆきいろ エロ本の中身は女王様。

マルより妹でクーデレ妹。ねこさんでは珍しくイチャラブシナリオ。
くぅぅっ!やはり一途な妹はいいものデスナ!!
イチャラブシナリオでもあるため萌えるのなんのって!
でも唯一欠点をいうなら、問題が無さ過ぎることだろうか。
彼女のテーマは「兄のため。」

ちとせルート

ゆきいろ 謎の擬音

とってもルートによって性格が変わるちとせ。
そのちとせルートですがスタッフさんの言う青春真っ只中のシナリオです。
古典的なギャルゲーなシナリオだが嫌いじゃないわ!
性格は恋する乙女で好きになったら猪突猛進。ほんと、危ない男に引っかからずよかったわ~ってキャラ。
というかエロゲヒロインは大抵そうだが。
重要なサブキャラである北斗右左は良キャラ。
彼女のテーマは「三姉妹の中の特別な彼女。」

シナリオ:6
最近暗いシナリオが多いらしいが明るいお話が多め。
ねこさん特有のネタや平成には分からぬネタもあり。
複数のライターさんが書いているだけあって落差が激しくもある。
ねこさんらしいといえばそうだが・・・。
やはり一番はマルルート。

キャラ:8
ねこさんのキャラはインパクトが強すぎるぜ!
「ぽんこつ幼馴染」「やかま」「妹」というブレないヒロイン配置が醍醐味のねこねこソフトのヒロイン。
好き好きビームはやかまでも放つ事が出来るのか・・・。

音楽:6
印象に残ったのはOPの英語バージョンの歌くらいか。

システム:7
ねこさん特有のシステム。ログ見るために二度も右クリックしなければならないのはどうにかならんものか。

CG:6
冬の物語だけど水着CG使いたかったんだ!って思うほど水着CGや幼少時代CGと幅が広い。
Pikazo先生のキャラは丸いなぁ・・・。

総合:7
良くも悪くもライトなエロゲで初心者におすすめ。
ただ、その分大きく感動という訳でもないので本当にエロゲライトユーザーにおすすめする。
しかし、ネタといいキャラといいねこねこソフト感漂うシナリオはへヴィねこユーザーもクスリと来るだろう。
どちらかというとキャラ萌えゲーにもなれなかった感があるし、シナリオゲーという訳でもない。
珍しくおまけが少ないと感じた俺はねこソフ中毒者。

ねこねこソフトのあんぽん流偏見ブランド解説

すばらしくFDを作るのが上手いブランドでFDを買ってこそ真の良さが分かる。
おかえしFDやねこFD、ちょこFDと多いがおまけも十分に楽しめるので基本的に買っても失敗が無い。
ただし、ネタやキャラは玄人向け。シナリオは初心者でもわかるくらいのレベル。
長年続いていて、代表作には「みずいろ」や「ラムネ」があり、移植発売されるであろう「そらいろ」は
ラムネの続編という位置づけの作品。

一言で言うならユーザーを飽きさせないブランド。というべきだろう。何故なら今でもたまに「みずいろ」キャラが出てきたりとクロスオーバーが好きなのだろう。
そういう面では、いつもFDはお祭りである。




PSP版そらいろも買う予定でいます。
関連記事
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ゆきいろ 総合感想】

一言で言うととってもねこさんらしいやさしい物語だった。ネタバレ上等な内容です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんぽんTAN

Author:あんぽんTAN
ごちゃごちゃしてたからきれいにしてみたぜ!
不定期更新のアニメやらエロゲやらを記事に書くただのオタクさん。
よろしくお願いします!

こんなブログでも見てくださった方
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
155位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter始めました
エロゲバナー置場
18歳未満は見ちゃダメ♪
『ゆきこいめると』2015.3.27発売予定 NANACAN